教育目標・経営方針・重点目標
               
 教育目標
ゆたかなこころの育成(徳育)
勤労と責任を重んじ、忍耐と克己心に富み、情操豊かで思いやりがあり、互いに協力し合う人間の育成に努める
自立のための知性の育成(知育)
自らの目標を定め、その目標の実現に向かって主体的かつ積極的に学習活動に取り組み、確かな知識・技術を身につけるとともに、生きる力と知性の育成に努める。
たくましい体の育成(体育)
自他のいのちを大切にし、健康と安全に留意し、体力の増強に努め、心身ともに調和の取れたたくましい人間の育成に努める。

 経営方針
少人数指導の利点を十分に生かし、生徒一人ひとりの個性を認め、励まし、能力を伸ばす教育を実践する。
保護者、関係機関、関係団体と連携し、生徒の「生きる力」をはぐくむ教育を実践する。
教職員の共通理解と効率的な協働体制により、生徒が進路目標を実現するために必要な教育を実践する。
地域の伝承文化を学び、地域で活動することにより、地球を愛し、将来、地域を支えることができる人材を育成する。

  重点目標
わかる楽しさを実感できる授業の実践(考える力【思考力】の育成)
・考える力の土台となる「基礎・基本」を定着させ、学習意欲の高揚を図ることによっ て、自ら考えようとする態度を育成する。授業を互いに公開し研修に努める。
・「ベーシック」教材の精選と、「ユニバーサルデザイン」の視点に立った授業法や掲 示の研究をすすめる。
目標実現に向け持続的に努力する力の育成(やり抜く力【持久力】の育成)
・心身ともに、自己の目標に向かって行動し続けることができる力を、部活動や生徒会
 活動、資格取得のための学習活動などをとおして育成する。
規範意識の育成(思いはかる力【想像力】の育成)
・挨拶運動、各種ボランティア活動をとおして自己有用感を養い、相手を思いやる心、 それぞれの場面にふさわしい言動や礼儀を身につけさせる。
社会力の育成(ことばの力【コミュニケーション力】の育成)
・自分の思いを的確に表現し、相手の意図を正しく理解する力、ことばを通して良好な
 人間関係を築く力を、SST(ソーシャルスキルトレーニング)や学校内外の様々な機会を捉えて育成し、自立を促していく。

キャンパス制を含む相互交流の推進
・通信制とのキャンパス制を確かなものにし、さらに本校との協力体制を確立し,相互 交流に努める。